運動すると頭痛がするのはなぜ?その原因と対策についてまとめました

健康・医療のたまご
スポンサーリンク

普段は全く頭痛など感じることはないのに激しい運動をするとなぜか運動中又は運動後に頭痛を感じる…。

私自身、約3年前までこの症状に悩まされていました。

その原因と対策についてまとめましたのでご参考にしていただけますと幸いです。

労作性頭痛とは

©riz2626

運動中又は運動後に起こる脈打つような痛みのある頭痛を労作性頭痛といいます。

また、この頭痛は痛みが長く続くようなことはなく大抵の場合は数分から2日以内に痛みは消失します。

これらに当てはまるようなら頭痛の種類でいうと偏頭痛等と同じ類いのもので特に心配する必要はありません。

しかし、頭痛が何日も続くようだったり痛みがだんだんひどくなるようなら別の病気の可能性がありますので早めに病院へ行きましょう。

原因

運動中又は運動後に起こる頭痛には様々な原因があります。

脱水症状

©riz2626

激しい運動では普段かかない量の汗をかくために体内の水分が不足した状態になります。所謂脱水症状によっても頭痛は引き起こされます。

低血糖症状

低血糖になると血糖値を上げようとアドレナリンが大量に分泌されて血管が収縮し、その結果、頭痛を引き起こしてしまいます。

酸素不足

激しい運動や登山などで酸欠状態になると、血管が拡張し頭痛が生じるといわれています。また、マスクなどをして二酸化炭素を多く含んだ空気を吸うことによっても酸欠を引き起こし頭痛に繋がります。

頭を下に向けて行う運動も同様に血管が拡張するため頭痛の原因になります。

首周りに大きな負荷がかかる運動

©riz2626

運動によって腕・肩・首に過剰な負荷がかかると、後頚部(首のうしろ)の筋肉がダメージを受けて頭痛を引き起こすことがあります。

トランポリンなどのジャンプを繰り返す運動やバドミントンなどの首をよく動かす運動で起こりやすいです。首周りが筋肉痛になりやすい運動も同様です。

対策

運動中はスポーツドリンク

©riz2626

ダイエットの為に運動している方などは運動中の飲み物にも気を遣ってなるべく糖分の少ないものをと考えてしまいますよね。

しかし、水では水分がなかなか身体に行き渡らず脱水症状を引き起こすことがあります。また、お茶は水よりは良いですが糖分が補えません。

スポーツドリンクは平常時に飲むと甘すぎるように感じますが運動中に飲んで美味しいと感じたならばそれは身体が必要だと求めている証拠なのでガブガブ飲みましょう。

私は水分補給を水からスポーツドリンクに変えただけで運動後に必ず起こっていた頭痛が激減しました。

運動中の呼吸を大切に

©riz2626

運動中、特に筋トレ中に力を入れようとすると息を止めてしまう人がいます。そうすると酸欠状態を自ら作ってしまうので呼吸を意識して運動するようにしましょう。

また、コロナも気になるご時世ですが熱中症や酸欠を防ぐ為にもマスクは外した状態で運動するのが望ましいです。

頭痛撃退のおすすめ商品

©riz2626

トップバリュのスポーツドリンク

とにかく安い!(525mlで58円)そして私の感覚ではアクエリアスやポカリなどよりも甘すぎず、すっきりとした味わいなので平常時に飲むと美味しくないと私の周りには不人気ですが運動中に飲むとしっかり水分補給ができますし美味しいです。

トップバリュのスポーツドリンク商品ページ

塩分チャージタブレッツ

今日は物凄く汗をかくことになると分かっている日はスポーツドリンクにプラスでこちらも持ち歩くようにしています。また、スポーツドリンクを飲む程ではない短時間の激しい運動であれば私はこちらのみで十分です。

私はいつもレモン味を買っていますがシークワーサー味まで出ていたとは知りませんでした・・・!

最後に

私は色々対策していても運動中に頭痛が出てくることもあります。そういう時は休憩させてもらいスポーツドリンクやタブレットをとることで頭痛は引いてくれるのでちょっとヤバイかも!という時点を見極めて早めに対処しましょう。

そうすることでスポーツを長く楽しむことができますよ!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました